キャッシングをよく知ろう!

何気なく持っているクレジットカードですが、意外と詳しく知らない方が多いと思います。
これだけ身近でありながらも意外と知らないクレジットカード。

いったいどんな種類があるのか知っておくだけでも利用の仕方がかわるかもしれませんね。
ここではクレジットカードの種類について記載していきたいと思います。

クレジットカードって何?って疑問を持った方はぜひ参考にしてみてくださいね。


基本の銀行系



【銀行系の特徴】

銀行系のクレジットカードは、三井住友銀行やりそな銀行などの大手銀行や地方銀行が発行しています。

また、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ソニー銀行、セブン銀行などのネットバンクもカードを出しています。

とくにネットバンクは、店舗を持たないことから土地代や人件費などを節約することができ、その分を金利に回すことができます。

銀行系のメリットは、運営が安定しており、金利が低いことでしょう。ただし、借り入れ額が大きいせいか審査は厳しくなっています。

ATMの利用手数料無料や住宅ローンの金利優遇などの特典を得られることもあり、審査を通るようであれば持っているとお得なカードです。

難点は、審査が厳しいことです。
勤務状況や年収が良くないと落ちる…というのが定説となっています。

この審査が厳しいということから、銀行系のクレジットカードを持つことを社会的なステイタスとみる人もいるようですね。

銀行系のクレジットカードはキャッシュカードと一体型になっているものが多いので、別々に持ち歩く必要がないということもメリットといえるかもしれません。

勤めている会社のメインバンクであれば、職業が安定しているうちに作っておくと後々役立つと思います。

ネットバンキングとの併用がとても便利



ネットバンク以外の一般銀行も、「ネットバンキング」を利用することで使い勝手が良くなります。

ゆうちょ銀行は「ゆうちょダイレクト」、三井住友銀行は「SMBCダイレクト」、三菱東京UFJ銀行なら「三菱東京UFJダイレクト」などです。

利用するには申し込みが必要になりますが、手続きをするとパソコンや携帯電話から利用できます。

一般的な銀行の中でも、ネットバンキングを導入する銀行が増えています。

自宅にいながら振込みや入金・出金明細の照会ができるので便利ですし、振込手数料が銀行の窓口よりも安くすみます。

ただ、ネットバンキングは利便性という点では優っていますが、サービスではクレジットカードに劣ります。

クレジットカードでは、公共料金や電話料金を引き落としすることによりポイントがたまります。

また、毎月、なんらかのキャンペーンが行われていることがあり、お得な割引で商品を手に入れることのできるサービスがあります。

クレジットカードとネットバンキングを併用することで、さらに銀行を便利に使うことができるようになりそうです。

・高額査定なら車査定高額うりまるナビがおすすめ